MENU

【デュエプレ】第24弾レンタルデッキ徹底解説!【ドラゴン・サーガ】

  • URLをコピーしました!

2024年1月25日(木)に『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」が実装されました。

ビクトリーやスーパーレアを中心に使ってみたいカードがたくさんある方も多いと思います。

でも、使いたいカードが手元にない……。

もし、カードを生成してそのカードがあまり強くなかったり、自分が思っていたのとは違ったら……。

そんな悩みに応えるのがレンタルデッキ!

第24弾では以下の4種のレンタルデッキが実装されています。

この記事では第24弾のレンタルデッキを実際に使ってみた上での動かし方、注意点をまとめていきます

この記事がおススメな方
・第24弾のレンタルデッキの特徴や動かし方を知りたい方。
・自分に合ったレンタルデッキを探している方。

目次

第24弾レンタルデッキ

今回のレンタルデッキは【モルトNEXT】、【光単ヘブンズロージア】、【闇単ヘルボロフ】、【自然単サソリス】の4種となっています。

第24弾にはビクトリーが3種ありますがいずれも取り上げられている形となっていますね。

【自然単サソリス】にはチュリンのシークレットカードにもなっている《豪勇者「猛攻の面」》が搭載されています。

自然単サソリス

《成長の面 ナム=アウェイキ》や《青銅の面 ナム=ダエット》でマナ加速して《龍覇 サソリス》を召喚!
そのまま、《邪帝斧 ボアロアックス》から進化クリーチャーを出して殴り切ります。

【自然単サソリス】の強い点
・ワンショット性能が高い。

【自然単サソリス】の弱い点
・ワンショットが《龍覇 サソリス》に依存しているため引けなかったり手札破壊で捨てられると厳しい。

【自然単サソリス】に搭載されているデュエプレ第24弾のビクトリー&スーパーレア
・《豪勇者「猛攻の面」》

※以上のスーパーレアは以前に特集記事で解説しておりますのでそちらもよろしければどうぞ!

あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(2)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるスーパーレアの紹介記事です。「ドラゴン・サーガ」のラストに相応しいドラゴンが揃い踏みとなっています。

《龍覇 サソリス》+《邪帝斧 ボアロアックス》をコンセプトにした自然単デッキ。

デッキ自体は「レジェプレ2024」で《邪帝斧 ボアロアックス》が実装された直後から存在していましたが、第24弾でコスト5以下の自然の文明指定進化クリーチャーが追加されて大幅に強化が入りました。

特に強力なのが第24弾スーパーレアの《豪勇者「猛攻の面」》でこれ1枚で打点増強とブロッカー対策が可能です。

マナブーストクリーチャーで6マナまでためて《龍覇 サソリス》を召喚し《邪帝斧 ボアロアックス》を展開!

《邪帝斧 ボアロアックス》の効果で《龍覇 サソリス》に進化クリーチャーを重ねれば《邪帝斧 ボアロアックス》の攻撃時効果も発動できます。

弱点としては、ワンショットの機構を《龍覇 サソリス》に依存しているため引けなかったり手札破壊で捨てられると厳しいという点です。

【自然単サソリス】には3枚しか《龍覇 サソリス》が入っていないのも気になるところ。

一応、《トレジャー・マップ》等で手札に引き込むことはできますが……。

また、《邪帝斧 ボアロアックス》の登場時効果でクリーチャーをタダ出ししていくと気づかないうちにマナが無くなって肝心な時に《豪勇者「猛攻の面」》のマナ武装能力が発動できないこともあります

相手にブロッカーが控えている時などにはマナからのタダ出しを控えた方が良い場合もありますね。

闇単ヘルボロフ

闇のビクトリードラグナーの《極・龍覇 ヘルボロフ》を中心に据えた闇単のコントロールデッキ。
より高度になった破壊と蘇生戦略がウリとなっています。

【闇単ヘルボロフ】の強い点
・相手の盤面と手札を完全制圧できる点。

【闇単ヘルボロフ】の弱い点
・破壊以外の除去には厳しい。
・盤面圧迫が辛い。

【闇単ヘルボロフ】に搭載されているデュエプレ第24弾のビクトリー&スーパーレア
・《極・龍覇 ヘルボロフ》(+《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》/《極・魔壊王 デスゴロス》)

※以上のビクトリーは以前に特集記事で解説しておりますのでそちらもよろしければどうぞ!

あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(1)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるビクトリーの紹介記事です。「極」限まで強化された「真」の切り札でドラゴン・サーガのトリを飾りましょう!

第24弾の闇のビクトリードラグナー&ドラグナーをメインコンセプトに据えた闇単のコントロールデッキ。

手札破壊やブロッカーで時間を稼ぎ《極・龍覇 ヘルボロフ》を召喚し《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》を場に展開

時が来たら自分のクリーチャーを4体破壊し《極・魔壊王 デスゴロス》に龍解

《極・魔壊王 デスゴロス》の能力でさらに破壊と再生を行って勝利を掴みます

《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》自体がドラグハート・フォートレスであり、《極・魔壊王 デスゴロス》も龍回避をもつため《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》/《魔壊王 デスシラズ》よりも安定して破壊&復活戦略を行う事が可能です。

弱点としては、前々から言われていたことですがやはり盤面制限が辛い

《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》と《龍魂》ドラグハートで2枠消費してしまうため《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》の効果で墓地からタダ出ししようにも盤面に空きが無いということはざらにあります。

また、山札を墓地に置くカードはたくさん搭載されていますが、山札を回復させるカードは無いため調子に乗って墓地肥やしをしていると山札切れで負けてしまう事も……。

あと、《龍魂》ドラグハートはあくまでもバトルゾーン内で1枠になるカードなので、盤面が7枠埋まっている状態で《龍魂》ドラグハートを出しても合体することなく超次元ゾーンに逆戻りとなります。

光単ヘブンズロージア

光のビクトリードラグナーの《真・龍覇 ヘブンズロージア》を中心に据えた光単デッキ。
2種のビクトリードラグハートの使い分けが勝利のカギとなっています。

【光単ヘブンズロージア】の強い点
・ブロッカーが多く防御力が高い点。

【光単ヘブンズロージア】の弱い点
・ドロー手段が乏しい。
・重いクリーチャーが多くデッキの動きが遅め。

光単ヘブンズロージア】に搭載されているデュエプレ第24弾のビクトリー&スーパーレア
・《真・龍覇 ヘブンズロージア》(+《真聖教会 エンドレス・ヘブン》/《真・天命王 ネバーエンド》)
・《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》

※以上のビクトリーとスーパーレアは以前に特集記事で解説しておりますのでそちらもよろしければどうぞ!

あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(1)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるビクトリーの紹介記事です。「極」限まで強化された「真」の切り札でドラゴン・サーガのトリを飾りましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(2)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるスーパーレアの紹介記事です。「ドラゴン・サーガ」のラストに相応しいドラゴンが揃い踏みとなっています。

第24弾の光のビクトリードラグナー&ドラグナーをメインコンセプトに据えた光単のブロッカーデッキ。

《聖龍の翼 コッコルア》でコストを軽減して《真・龍覇 ヘブンズロージア》を召喚

状況に応じて《真聖教会 エンドレス・ヘブン》や《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》を出していきます

前者でブロッカー展開後者でシールド追加が可能ですね。

龍解すれば前者は《真・天命王 ネバーエンド》、後者は《天命讃華 ネバーラスト》となり相手を圧倒できます。

ブロッカーも多く速攻にもそれなりの耐性をもっています。

弱点としてはまとまったドロー手段に乏しいことでしょうか?

ドロー呪文の《ジャスティス・プラン》は最大4枚手札補充ですが、呪文もそれなりに入っているのであまり手札補充できないこともあります

また、重いブロッカーが多めなので《聖龍の翼 コッコ・ルア》のコスト軽減抜きではなかなか早めに動くのは厳しいです。

【モルトNEXT】のような破壊力のあるデッキに先に動かれるとS・トリガーがめくれないとそのまま負けてしまう恐れもあります。

モルト「NEXT」

火のビクトリードラグナーの《超戦龍覇 モルトNEXT》を中心に据えた火/自然デッキ。
《超戦龍覇 モルトNEXT》による破壊力が魅力です。

【モルト「NEXT」】の強い点
・ワンショットコンボによる攻撃力が高い点。

モルト「NEXT」の弱い点
・守りが非常に薄い。
・序盤にマナブーストが引けないと厳しい。

モルト「NEXT」】に搭載されているデュエプレ第24弾のビクトリー&スーパーレア
・《超戦龍覇 モルトNEXT》(+《闘将銀河城 ハートバーン》/《超戦覇龍 ガイNEXT》)
・《覚星龍界 剣聖ジゲン》

※以上のビクトリーとスーパーレアは以前に特集記事で解説しておりますのでそちらもよろしければどうぞ!

あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(1)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるビクトリーの紹介記事です。「極」限まで強化された「真」の切り札でドラゴン・サーガのトリを飾りましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第24弾ビクトリー&スーパーレア徹底紹介!(2)【ドラゴン・サーガ】 『デュエル・マスターズプレイス』第24弾「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」に実装されるスーパーレアの紹介記事です。「ドラゴン・サーガ」のラストに相応しいドラゴンが揃い踏みとなっています。

第24弾の火のビクトリードラグナー&ドラグナーをメインコンセプトに据えた火/自然のビート系デッキ。

マナブーストをして《超戦龍覇 モルトNEXT》を召喚

火のマナ武装5と龍マナ武装5の両方を達成していればそのまま《闘将銀河城 ハートバーン》を場に出してワンショットキルできます。

ワンショットできなさそうな相手には《爆熱天守 バトライ閣》を展開して連ドラ風味に動いて物量で押し潰します。

攻撃力に関しては文句なしですが、弱点としてはやはり守りが薄めなところです。

特にS・トリガーによる除去がパワーとコストを参照するものしかないため大型クリーチャーに一斉攻撃されるとほぼ勝ち目はありません

また、序盤のマナブーストが命となるので、マナブースト系のカードが引けなければ厳しい展開となります。

あと、ミラーマッチでは先に両マナ武装を達成した《超戦龍覇 モルトNEXT》を召喚できるかが肝になりますが、【モルト「NEXT」】には《超戦龍覇 モルトNEXT》が2枚しか入っていないためモルネク先出し合戦に不利となっていますね。

各レンタルデッキの回し方

次に各レンタルデッキの大まかな動かし方を載せていきます。

※注意
各スクリーンショットは必ずしも同一の試合のものとは限りませんのでご了承ください

自然単サソリス

【自然単サソリス】の回し方(序盤編)
・ひたすらマナ加速を行う。

序盤は何といってもマナ加速。

2ターン目、3ターン目とマナ加速を行い《龍覇 サソリス》召喚に備えます。

2ターン目に《成長の面 ナム=アウェイキ》を召喚。

次に、3ターン目に《青銅の面 ナム=ダエット》を召喚。

続けて《成長の面 ナム=アウェイキ》で攻撃すれば4ターン目には《龍覇 サソリス》の召喚が可能となります。

手札に来た進化クリーチャーはマナゾーンに置いてしまっても無問題(モーマンタイ)!

《トレジャー・マップ》で必要なクリーチャーをサーチできるのも強力な点ですね。

【自然単サソリス】の回し方(中盤編)
・《龍覇 サソリス》+《邪帝斧 ボアロアックス》で状況に応じたクリーチャーをマナゾーンから出す。

6マナたまったら《龍覇 サソリス》を召喚!

超次元ゾーンから呼び出すドラグハートはもちろん《邪帝斧 ボアロアックス》!

《邪帝斧 ボアロアックス》の登場時効果でコスト5以下の自然クリーチャーをマナゾーンからタダ出しできます。

《龍覇 サソリス》に進化クリーチャーを重ねれば、そのまま《邪帝斧 ボアロアックス》の攻撃時効果も使用可能となります。

《大神秘イダ》を出せば一気に攻撃可能な4打点が生成できますね。

打点が足りず攻め切れそうにないと感じたら《次元流の豪力》を出して、そこから《舞姫の覚醒者 ユリア・マティーナ》をバトルゾーンに置いておくのも一つの手です。

特に相手が【モルトNEXT】で次のターンに《超戦龍覇 モルトNEXT》を召喚されてワンショットキルを決められそうな時には上記の動きを優先した方が良いですね。

【自然単サソリス】の回し方(終盤編)
・召喚した進化クリーチャー軍団で一斉攻撃。

《龍覇 サソリス》から進化クリーチャーが出せれば一斉攻撃をしていきます。

《豪勇者「猛攻の面」》をバトルゾーンに出せていればパワーと打点を一気に増強できるのでよりワンショットが決めやすくなります。

相手のデッキが【ヘブンズ・ゲート】等の防御力が高いデッキならばバトルゾーンにクリーチャーをためていき《邪帝斧 ボアロアックス》の龍解を狙うのも一つの手ですね。

《青銅の面 ナム=ダエット》でとどめ!

マナゾーンからクリーチャーをタダ出しして相手を打ち倒す、進化した自然のビートデッキの威力を堪能してみましょう!

闇単ヘルボロフ

【闇単ヘルボロフ】の回し方(序盤編)
・手札破壊で相手の体制を崩し、マナ加速を行う。

まずは闇文明らしく手札破壊で相手の動きを鈍らせましょう。

定番の《特攻人形ジェニー》や《爆弾魔タイガマイト》で手札破壊を行います。

また、《ボーンおどり・チャージャー》を唱えて墓地を肥やしつつマナ加速も行いたいところ。

1ターンでも早く《極・龍覇 ヘルボロフ》を召喚できる7マナまで到達するように心がけましょう。

3ターン目にマナ加速をして4ターン目に《爆霊魔 タイガニトロ》で相手の手札をごっそり刈り取るというドラゴン・サーガの【闇単】お決まりの鬼畜ムーブも可能ですしね。

闇単ヘルボロフの回し方(中盤編)
・《極・龍覇 ヘルボロフ》+《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》でバトルゾーンを増強させる。

7マナたまれば《極・龍覇 ヘルボロフ》を召喚!

そして、超次元ゾーンからバトルゾーンに出すのはもちろん《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》!

《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》の登場時効果で墓地からコスト5以下の闇のクリーチャーをタダ出しできます。

墓地に《龍覇 ニンジャリバン》があれば《龍覇 ニンジャリバン》⇒《龍魂城閣 レッドゥル》と繋げてドラグナーをスピードアタッカー化させれば《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》のドラグナー攻撃時能力を起動させ、さらに墓地からタダ出しが可能です。

ただ、《龍魂城閣 レッドゥル》をバトルゾーンに出せば盤面が6枠(《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》を除くと5枠)しか出せなくなるのは注意が必要です。

ただでさえカツカツな盤面がさらにカツカツになってしまいます。

個人的には《龍魂城閣 レッドゥル》は最後のダメ押しに使って基本は《龍魂城閣 レッドゥル》抜きで盤面を固めていくのが良いような気がしますね。

注意点
・《龍魂》ドラグハートを設置すると盤面の枠が1枠減る点。

闇単ヘルボロフの回し方(終盤編)
・《極・魔壊王 デスゴロス》に龍解させ攻撃時能力でさらに再展開を行い攻撃を仕掛けていく。

《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》をバトルゾーンに出し、バトルゾーンに4体のクリーチャーが揃えば《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》を龍解させます。

《極・魔壊王 デスゴロス》降臨!

《極・魔壊王 デスゴロス》へと龍解すれば相手クリーチャーを最大2体破壊できるので減った盤面の隙を補う事が可能です。

《極・魔壊王 デスゴロス》の攻撃時能力で墓地からクリーチャーを蘇生できますが、その時に呼び戻したいのは龍解時に破壊した《極・龍覇 ヘルボロフ》

《極・龍覇 ヘルボロフ》から2枚目の《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》を出す事で龍解時に破壊したクリーチャーが続々と舞い戻ってきます。

2枚目の《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》の龍解時効果で《極・魔壊王 デスゴロス》を破壊することで4体のクリーチャーを用意できれば毎ターン相手クリーチャーを破壊することができます

ただ、調子にのってあまり試合を長引かせすぎるといつの間にか山札が残り少なくなっていたりしますので基本的には早期に攻撃したいところです。

場に出してすぐに攻撃できるアタッカーとしては《龍覇 ニンジャリバン》+《龍魂城閣 レッドゥル》や《死神術士デスマーチ》などがあります。

特に《死神術士デスマーチ》は即席の打点、速攻対策、手軽に用意できる《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》の生贄等多彩な働きを見せてくれますね。

まさにデスマーチ!

《極・魔壊王 デスゴロス》でダイレクトアタック!

墓地からの蘇生と破壊を繰り返すブラックナイツ(「ガンダムSEED」風)の力をあなたも体験してみましょう。

光単ヘブンズロージア

【光単ヘブンズロージア】の回し方(序盤編)
・コスト軽減クリーチャーを召喚し手札補充を行う。

【光単ヘブンズロージア】は光単のブロッカーデッキということで動きは遅め。

慌てず騒がずブロッカーを並べていきましょう。

特に優先的に出したいのは光のドラゴンとドラグナーのコストを2下げる《聖龍の翼 コッコルア》

また、《ジャスティス・プラン》で手札補充もしておきたいところ。

【光単ヘブンズロージア】には呪文も多めに入っているので4枚ゲットは難しいですが、2・3枚程度ならば手札補充ができます。

相手が積極的に殴ってくるタイプのデッキならば《プロテクション・サークル》でシールドにS・トリガーを仕込んでおきましょう

【光単ヘブンズロージア】の回し方(中盤編)
・《真・龍覇 ヘブンズロージア》を召喚し2種のドラグハート・フォートレスを場に出す。

中盤は【光単ヘブンズロージア】の戦略の中核となる《真・龍覇 ヘブンズロージア》をバトルゾーンに出します。

《聖龍の翼 コッコルア》がバトルゾーンにあったり《ドラゴンズ・サイン》を仲介させれば5マナで出すことが可能です。

バトルゾーンに出すドラグハートは《真聖教会 エンドレス・ヘブン》、あるいは《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》!

基本的にはブロッカーを展開できる《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》を優先したいところです。

ただ、《真・龍覇 ヘブンズロージア》がブロッカーをもたないので《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》を返しのターンに即龍解というのはちょっと厳しい……。

相手の攻撃が激しく、小型ブロッカーを複数立てているなら《真聖教会 エンドレス・ヘブン》を出してシールド追加で防御力を向上させるのも手です。

《ヘブンズ・ゲート》や《ドラゴンズ・サイン》がS・トリガーが捲れれば一転攻勢できますしね。

《真聖教会 エンドレス・ヘブン》の龍解を狙うならあらかじめ《プロテクション・サークル》や《音感の精霊龍エメラルーダ》でシールドを増やしておきたいところです。

【光単ヘブンズロージア】の回し方(終盤編)
・ドラグハート・フォートレスを龍解させ勝負を一気に決める。

終盤は《真聖教会 エンドレス・ヘブン》あるいは《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》を龍解させて勝負を決めに行きます。

《真・天命王 ネバーエンド》はドラゴンの攻撃時にフリーズさせることができるのでブロッカーを無効化したり、厄介な攻撃時能力もちを封じることができます。

最近は《爆熱DX バトライ武神》や《超戦覇龍 ガイNEXT》のような除去しても龍回避で裏返るだけなドラグハート・クリーチャーも多いので、下手に破壊するよりはフリーズさせた方が良かったりしますね。

なので、毎ターン相手クリーチャーをフリーズさせることができる《真・天命王 ネバーエンド》は非常に強力です。

《天命讃華 ネバーラスト》は光以外のコスト5以下呪文封じと常勝能力と破壊耐性がありこちらも言わずもがな強力。

出せれば勝ち確定と言っても過言ではありません。

他にも24弾で実装された《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》も《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》や《真聖教会 エンドレス・ヘブン》とのコンボで敵クリーチャーをフリーズさせることができるので有効活用したいところ。

《真・天命王 ネバーエンド》でとどめ!

2種のドラグハートを上手く使い分けて光の正義(ジャスティス)を執行しましょう!

くれぐれもジャスティスだから負けたんだとは言わないように……

モルト「NEXT」

【モルト「NEXT」】の回し方(序盤編)
・ひたすらマナ加速を行う。

序盤は何はともあれマナ加速です。

最大2マナブーストの《メンデルスゾーン》や火のカードをマナに置けば使いまわしが可能な《フェアリーの火の子祭》でマナ加速を行います。

5マナに到達すればマナ加速しつつ除去も行える《無双竜鬼ミツルギブースト》やドラグナーやドラゴンをサーチできる《爆剣・チャージャー》でさらにマナ加速し7マナまで到達させましょう。

【モルト「NEXT」】の回し方(中盤編)
・《超戦龍覇 モルトNEXT》や《次元龍覇 グレンモルト「覇」》でドラグハートを出す。

7マナたまってマナゾーンに火のカードが十分あればドラグナーを召喚します。

やはり真っ先に召喚したいのは《超戦龍覇 モルトNEXT》。

《超戦龍覇 モルトNEXT》の火のマナ武装5で超次元ゾーンから《闘将銀河城 ハートバーン》を出す事で守りの薄い相手ならワンショットキルできます。

相手のデッキにS・トリガーが多めに入ってそうだったり、ブロッカーが立てられたりしていて決めきれそうになければ《爆熱天守 バトライ閣》を設置して次ターンから攻撃するのも一つの手です。

7マナで出せるドラグナーとしては《次元龍覇 グレンモルト「覇」》も強力。

もともと強力なカードでしたが、第24弾で出せるドラグハートのバリエーションが一気に増えました。

攻撃時能力で出したいのは光のビクトリードラグハート・フォートレスの《真聖教会 エンドレス・ヘブン》!

シールドの枚数差を付ければ龍解できるので攻撃時にドラグハートを出せる《次元龍覇 グレンモルト「覇」》とは相性抜群となっています。

TCG版から変わらない相性の良さですね。

ターン終了時に《真聖教会 エンドレス・ヘブン》龍解!

《真・天命王 ネバーエンド》!

【モルト「NEXT」】の回し方(終盤編)
・各種ドラグハートを龍解させて一気に勝負を決める。

終盤は出したドラグハートを龍解させて勝負を決めに行きます。

《超戦龍覇 モルトNEXT》の龍マナ武装5で攻撃後にアンタップできれば《闘将銀河城 ハートバーン》が龍解して《超戦覇龍 ガイNEXT》となります。

こうなれば《超戦覇龍 ガイNEXT》のスピードアタッカーでのT・ブレイクでシールドを割り切り、何事も無ければ《超戦龍覇 モルトNEXT》でダイレクトアタック可能です。

《真・天命王 ネバーエンド》も攻撃に長けた火のドラゴンが大量に搭載されている【モルト「NEXT」】の方が光のブロッカーデッキよりもフリーズ能力が活かしやすいです。

こうして完成した火のドラグハート軍団。

えっ、やりすぎだって……主人公だからいいんですよ。

そういうわけで、《超戦覇龍 ガイNEXT》でダイレクトアタック!

圧倒的主人公力をその身をもって体感しましょう!

第24弾レンタルデッキ徹底解説のまとめ

以上が第24弾レンタルデッキの特徴及び扱い方となります。

どんなデッキでも扱い方が雑では勝てるものも勝てないのでこの記事で使い方が分かったという方がいらっしゃれば幸いです。

ランクマッチのランクが上がればレンタルデッキでは厳しいこともありますが、レンタルデッキを元にして手持ちのデッキを用意すれば使い勝手が分かっている分扱いに困るという事は無いと思います。

また、第17弾から第23弾(「レジェプレ2024」含む)のレンタルデッキについて記事を書いておりますので、もしよかったら過去の記事も参考に読んでみてください。

あわせて読みたい
【デュエプレ】「レジェプレ2024」レンタルデッキ徹底解説!【LEGEND OF PLAY´S 2024】 「レジェプレ2024」が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では「レジェプレ2024」のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。強力なビクトリーやスーパーレアを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第23弾レンタルデッキ徹底解説!【ドラゴン・サーガ】 第23弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第23弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。強力なビクトリーやスーパーレアを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第22弾レンタルデッキ徹底解説!【ドラゴン・サーガ】 第22弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第22弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。強力なビクトリーやスーパーレアを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第21弾レンタルデッキ徹底解説!【エピソード3】 第21弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第21弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。強力なビクトリーやスーパーレアを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第20弾レンタルデッキ徹底解説!【エピソード3】 第20弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第20弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。ビクトリーとリバイバルテーマを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第19弾レンタルデッキ徹底解説!【エピソード2】 第19弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第19弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。ビクトリーとリバイバルテーマを元にした3種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!
あわせて読みたい
【デュエプレ】第18弾レンタルデッキ徹底解説!【エピソード2】 第18弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第18弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。鬼丸、ゼニス、ドングリ軍団、そして、ボルメテウス……今回のレンタルデッキも個性豊かなメンツが揃っています。
あわせて読みたい
【デュエプレ】第17弾レンタルデッキ徹底解説!【エピソード1】 第17弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第17弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

ではでは(≧∇≦)ノ

※2024.4.13 追記
第25弾「轟炎革命 -LEGEND EVOLUTION-」のレンタルデッキ解説記事を投稿しました。

あわせて読みたい
【デュエプレ】第25弾レンタルデッキ徹底解説!【革命編】 第25弾が実装されたけれど手持ちのカード資産が無い……そんな時に助けになるのがレンタルデッキ!この記事では第25弾のレンタルデッキの特徴と扱い方を解説します。強力なレジェンドカードやスーパーレアを元にした4種のレンタルデッキを上手く扱って勝利を手にしましょう!

ブログ記事に関するご意見・ご感想等がありましたらコメント欄に記載をお願いします。

※当ブログでは以下のガイドラインに沿って「デュエル・マスターズプレイス」のゲーム画像を利用しています

ネットワークサービスにおける『DUEL MASTERS PLAY’S』の投稿、生放送配信、及び画像投稿に関するガイドライン

引用元:デュエル・マスターズプレイス公式X(旧Twitter

サムネイル画像:
デュエプレ 第24弾カードパック「龍魂超決戦 -NEXTREME SAGA-」タイトル画像
いらすとや

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次